ペット図鑑

猫の種類ガイド

イラスト

ロシアンブルー

ロシアンブルーはもともとロシアの貴族が飼っていた猫で、19世紀にイギリスに渡ってきたといわれています。第2次世界大戦前は高い人気を誇っていたものの、大戦後、その数が激減しました。品種維持の努力の結果、現在はその数を増やしつつあります。

スリムなボディですが、四肢はがっしりとしており、特徴でもあるブルーの被毛はとても艶やかでキラキラと光って見えます。被毛は厚く、寒さにも耐えられます。まん丸な美しいグリーンの目も特徴です。

とても大人しい猫で、鳴き声もほとんどあげません。発情期の時期も分からないほどです。賢く、飼い主には従順ですが、警戒心の強い面もあり、知らない人には怯えることもあります。