ペット図鑑

猫の種類ガイド

イラスト

アメリカンカール

1981年にアメリカのカルフォルニア州で生まれた、耳が外側にカールした猫。突然変異で生まれたというアメリカンカールは、元はノラ猫が祖先だといわれています。品種として認定されてからまだ間もない、新しい品種です。

特徴である、耳の軟骨部分の、外側のカールは50%の割合で遺伝します。生まれたときはストレートの耳ですが、生後7日ほどでカールは確認ができます。カールもさまざまで、ペットタイプ、ブリードタイプ、ショートタイプの3段階に分けられます。

運動が好きで、引き締まった体も特徴の1つです。また、アーモンド型の目が愛らしく、肩まで届く長い尾もチャームポイント。性格も明るく、しつけのしやすい品種です。